石渡 由香里
30代
看護師



出産をする前は特に感じませでした。生理中も生理痛とは無縁で今まで生活をしてきました。しかし、体の様子が変わったのは子どもを一人産んでからです。うわさでは子どもを産むと生理が軽くなったと聞いたりしていたので、いい方になる事を期待していました。実際はその逆でした。

私の場合は生理が始まる数日前からお腹がなんとも言えない様な張りを感じます。便が出ていない訳ではありませんが、下腹部がパンパンになるのです。タイトなスカートをはくとそれは一目瞭然です。ガスは出るのですが、お腹の張りだけはどうにもなりません。

そうこうしていると数日後には生理が始まる様になりました。因みに生理が始まると腹痛を伴います。その痛みは改善の余地がありません。お腹を腹巻きやカイロで温めてみたりしましたが、改善しません。唯一和らげる事が出来るのは痛み止めの薬を飲む事です。

それでも治まらない時は早々に寝ます。子どもには体調が悪いと言って一緒に早めに就寝します。大体その日寝てしまえば次の日は楽になっています。生理痛とも無縁だったのですが、残念な体になってしまいました。

PMSに関しては普段の制服を着ている時にきつく感じます。お腹が張っているので普段丁度の服がきつくなるのです。お腹が圧迫されると胸まで苦しくなります。たまにズボンのボタンを外して仕事をしている事もあります。

子どもを産んで体調が変わってから私なりに対処している方法はその様な時期になるとできるだけ締めつけの少ない服を着る様にしています。制服はボタンを外し、私服はワンピース等のふわっとした物を着用します。ブラも苦しく感じる事があるので、可能であればスポーツブラ等のアンダーが緩かったり、ワイヤーの入っていない物を選んで着用したりします。

運良く仕事が休みの時はできるだけ寝て過ごします。あまり動くとお腹の張りや苦しさを実感してしまうので寝て早く時が過ぎるのを待つと言う方法をとっています。それで大分心も体も軽くなる事が出来ます。

大体の生理の日を印を付けて心構えをしながら待っていても何も症状が無い時もあります。それは生理中の腹痛も同じです。肩すかしを食らった様な気になりますが、一回でもその症状に当たらなければラッキーに感じます。今はまだ対処の方法しか考えていませんが、可能であれば予防方法を見付ける事が出来たらいいなと思っています。今後女性として生理の度に苦しさがあるのは考えただけでも辛いです。


随時更新! みんなのPMS体験談

このほかのPMS体験談を公開中!こちらこちらからご覧になれます。