大和 里香
20代
派遣社員



高校生の時から生理痛がひどく、生理が来る1週間ほど前から子宮が痛み出すので、月の半分は生理痛に悩まされていました。いざ生理が始まると、痛み止めを服用してもあまり効果が得られなかったので必ずといっていいほど嘔吐していました。

特に寒い時期は体が冷えるため、常にお腹を温めていないと耐えられない痛みが続きます。なのでろくに歩きまわれず、布団で横になって痛みが治まるまでじっと我慢することしかできませんでした。ですが高校生の頃は恥ずかしくて生理痛のことを誰かに相談することもできず、みんな同じようにこの痛みを我慢していると思っていて、本当につらい時だけ保健室で休んでまた授業に出るなど体に負担をかけてしまっていました。

社会人になってからもその痛みは続き、勤務中に動けなくなることで毎回周囲の人に迷惑をかけてしまい、罪悪感と生理痛に対する嫌悪感でかなり精神的ストレスを感じました。そのストレスがさらに生理痛を悪化させ、生理痛だけでなく不正出血や生理不順までも引き起こし、ついには激痛で気絶して救急車へ運ばれることになりました。

そこでやっとわかったのは自分の生理痛が普通ではないことです。このままでは子宮内膜症などを引き起こし自分の体がボロボロになってしまうと思い、思い切ってレディースクリニックで診察を受けました。そこで子宮自体に異常はなかったものの、激しい生理痛を和らげる方法があるということで説明を受け、試しに漢方を飲んでみることになりました。

体への負担が軽いということもあり安心して飲み続けることができましたが、1ヶ月飲み続けても思うような効果は得られず、生理痛はいつも通りの辛さで勤務に悪影響が出てしまいました。そこでネットの情報をかき集め、「痛み止めを飲みすぎると逆に生理痛がひどくなる」ということや「豆乳を飲むことで生理痛を和らげることができる」ということを知り実際に試してみました。

しかし突然痛み止めを控えてもあの痛みを耐えられるはずがなく、この方法はやめました。一方、豆乳を飲む方法は私に合っていたようで少し痛みが和らぎ、これは今でも続けています。

それでも生理痛はやはり辛いもので、また痛みだけでなく生理不順など別の症状を引き起こしてしまうのはやはり体に良くないと思い、最終的にずっと悩んでいたピルの服用をしてみようと決めました。最初のうちは副作用が不安で不安で仕方なかったのですが、女医さんの説明を受け正しい飲み方やピルについての知識を知り、期待を込めて毎日服用しました。

すると次の月の生理から効果は現れ、バラバラだった生理周期が整い、多少の生理痛はあったものの動けなくなるほどの痛みはなくとても快適で、今まであんなに憂鬱だった生理予定日が噓のように安心して迎えられるようになりました。

生理痛はただ我慢するだけではなにも解決せず、痛みが少しでも和らぐよう様々な方法を試し、自分に合ったものを続けることで解決していくものだと勉強しました。


随時更新! みんなのPMS体験談

このほかのPMS体験談を公開中!こちらこちらからご覧になれます。