牧野 鈴子
30代
ホテルにおけるフロントデスク接客



初潮を迎えてから、特に重症な生理痛や生理不順に悩まされたことはありませんが、20代は2日目、30代に入ってからは生理初日に必ず下腹の腹痛を覚えるようになりました。おなかの底がズーンと重くなるような感じがだんだんと強まり、生理がやってくるなという感覚は胸の張りとともに生理が始まる数日前からわかるようになりました。

最近は生理の周期を教えてくれる便利なアプリもありますが、自然とわかるようになってきたのは、やはり何年も付き合ってきたからだと思います。お仕事がなければ、お布団にくるまって胎児のような丸い姿勢でじっとしているのも自分の生理痛を和らげるのに効果的です。

しかし、そうもしていられないので、以前はその痛みの始まりを待たずに、頭痛薬を服用し、薬が効いている間はいつもと変わりない生活を送っていました。時には薬を飲むタイミングが悪いのか、立ち仕事をしているのでゆっくりと休みをとることができずに重い腹痛にじんわりと脂汗をかくこともありました。

生理の時にはおなかの調子も緩みがちになるので、トイレに駆け込むことができればそれで落ち着くこともありますが、立ち仕事の忙しい中休憩も限られた時間でしかとることができないので、立ちながらおなかをさすったり背中をこぶしでトントンしたりして気を紛らわすことが多かったです。

そんな中で編み出したのが、やはりおなか周りを温めるという方法です。特に寒い冬の時期は暖かいカイロをおなかと背中ダブルで挟み込み、その上にしっかりとタイツ等で抑え、貼り付けタイプのカイロを使用しておなか周りから動かないようにしっかりと固定します。それだけで、調子の良い時は薬を服用することなくカイロだけで生理痛を乗り越えられる時もあります。

夏の暑い時でさえ、冷えた冷房の中でお仕事することも多いのでカイロは生理前の必需品です。冬にまとめ買いをして夏に備えています。それ以外にも生理痛に効くツボを調べて自分で押してみたり、ヨガをしてみたりすることもありました。

しかし、生理痛も普段の生活でだいぶ変わるということが自分には当てはまるようで、規則正しい睡眠と、適度な運動、暴飲暴食をしない食生活をすることで、生理の周期も生理痛の重さも変わるような気がします。

ダイエットしようとお肉を大幅に減らした時は生理自体が来なくなって、慌てて食べないダイエットをやめてしっかり食べて運動するダイエットに切り替えました。次の月には生理が戻ってきたので安心したのを良く覚えています。重ねてストレスをためずに、適度に発散することも大事なのではないかなと思います。


随時更新! みんなのPMS体験談

このほかのPMS体験談を公開中!こちらこちらからご覧になれます。