古橋 彩芽
30代
専業主婦



私は、生理自体も量が多くしんどいのですが、その前から様々な症状が出てくるので、その症状にも悩んでいました。まず、生理一週間ぐらい前より胸が張って痛いと感じることもしばしばです。そのころより体がだるくなったり、動きたくないような感覚になったりします。少し鬱症状まではいきませんが、ネガティブになりがちです。

また、外出時に体調を崩しやすくなったりもします。全体的に体力が低下する為か、外出すると体力を使うので、帰宅時には体調不良を訴えることも少なくありません。そして、下腹部が異常に張ることがあり、デニムのパンツのファスナーが苦しくなることもあります。マッサージをしたり、入浴時に暖めたり自己流でしてみますが、なかなか改善されることはありません。

私にとって、月経前症候群の中で一番苦しい症状は、生理がくる前日あたりに必ずといっていいほど吐き気がします。きまって夕方から夜にかけてなのですが、夕食を食べることができなくなります。嘔吐をするわけではないのですが、歯磨きをするのも水を口に含むのも嫌なほど吐き気がすることがあります。

そんな夜は、夜眠る際にもむかむかしているので、寝つきも非常に悪く寝不足になることもあります。つわりのような症状なので、やはりホルモンが関係しているのだろうというのが実感できます。毎回ではないのですが、生理数日前より頭痛やめまいを伴うこともあります。

このようなときに飲む頭痛薬は個人的には効果が薄いので、横になって過ごすしかありません。家族に申し訳なさを感じます。そんな症状があった私ですが、もともと多嚢胞卵巣症候群でした。そして、医師曰く生理もそうとうきつい方とのことでした。多嚢胞卵巣症候群は子宮体がんになる可能性があるので避妊具(リング)を入れると予防になり、生理も楽になるという話を聞きました。

子供も二人おり、もう希望していないのでちょうどよい機会だと思いリングを入れることにしました。その後、生理はあるかないかわからないほどに量も減り、肉体的にも精神的にも楽になりました。

それと同時に先ほど述べた月経前症候群の症状が随分と改善されました。胸の張りやお腹の張りは時折ありますが、吐き気はなくなりました。以前は全ての症状が一度に来ることがあることありましたが、まずそれはありません。一番感じるのは、体が軽くなったような感じがします。月経前症候群の治療の為のリングではなかったですが、私には効果があったのだろうと感じています。


随時更新! みんなのPMS体験談

このほかのPMS体験談を公開中!こちらこちらからご覧になれます。