高原 悠花
20代
会社員



私は、生理中に下腹部の痛みがあります。たいてい生理の1日目と2日目に来ることが多いのですが、下腹部の痛みにより、立っているのも座っていることもつらく、仕事やプライベートに支障が出ることもありました。

また、昼間や夜を問わず痛みがあるので、痛みで夜に眠れないこともありました。そういった時は薬を飲むようにしているのですが、痛みがきそうだと思った時に、早目に薬を飲むことができればいいのですが、痛くなってから薬を飲むと、すぐには効果が出ないので、効果が出るまではつらい思いをしています。

生理痛は学生の時からあり、授業を聞いていられずに、保健室へ行ったこともあります。また、食欲も無くなり、お昼を食べられなかったこともあります。生活に支障が出るぐらい痛みがあるので、婦人科へ行った方がいいかなとも思ったのですが、薬を飲むと症状が落ち着くので、検診を受けたことはありません。

ある時は、外出先で生理痛に見舞われたことがあります。朝出かける時は痛みがなかったので、薬を服用せずに外出しました。しかし、外出先でお昼を食べるころから少しずつお腹が痛くなり、食事を食べ終わるころには痛みがさらに増していました。そして、お昼を食べ終えてしばらくすると、お腹の痛みだけでなく、気分も悪くなってきました。

そして、最終的にはトイレで食べたものをもどしてしまいました。気分が悪くなって吐いてしまうことはこの時が初めてだったので、自分でも驚きとともに、少し心配な気持ちもありました。しかし、その後はそこまで体調が悪くなることはありませんでした。

生理中は、冷たい食べ物はなるべく食べないように気をつけて、お腹を冷やさないようにしています。さらに、私は生理痛だけでなく、排卵痛もあります。排卵痛は、生理痛と同じように下腹部が痛くなるのですが、毎月右と左が入れ替わって痛みがあります。これは、右と左の卵巣から排卵しているからだと思います。そして、排卵痛があった2週間後に生理がくることが多いです。

生理痛だけでなく、排卵痛もわかるようになったのは、2年ほど前からです。たぶん、女性は体調の変化などによって、痛みも変わるので最近排卵痛が起こるようになったと思います。排卵痛は薬を飲んでもあまり効果がないことが多いので、痛みをいつも我慢しています。

生理痛が少しでも起こらないようにするために、日々ストレッチをして体調を整えています。運動をすることで体の巡りが良くなり体調が良くなるように感じられます。また、生理中は無理せず過ごすことも効果があります。


随時更新! みんなのPMS体験談

このほかのPMS体験談を公開中!こちらこちらからご覧になれます。