高瀬 裕美
30代
パート



私がPMSがひどいと感じたのは30代入った頃からです。ちょうど精神疾患もあったのでそちらのお薬で眠気がきたりしているとずっと思っていましたが、子宮内膜症もあり婦人科へかかるようになりました。眠気のあるときとないときの周期では生理前が眠気があって調べるとPMSでした。

私の場合生理痛などの痛みに関してはそこまでないのですが低血圧もあり、血のめぐりがよくないのか薄いため、貧血になりやすいです。一度、食事制限をしているときに働いていてと7キロ痩せた時期があり、鉄分欠乏症でくらっときて横になり、そのまま2週間仕事を休みました。迷惑をかけた申し訳なさからやっと慣れてきた頃でしたがその後退職しました。

朝は起きにくいので、最近では午後5時や午後8時など早めに寝るようにしています。それで、起きられる時間もまちまちなのですが、午後5時から午前9時まで眠るときもありますし、午後8時から午前6時で済むときもあります。前日の活動が多いほど、眠らなければもたないという感じだと思います。

辛いのは、12時間以上は眠らなければ活動に支障がでてもたないということです。眠気のピークは、生理がくる1週間前くらいですね。そのあたりは、寝たきりになります。眠気がくると、そろそろ生理がくるんだなあと思い、早めにレバーとほうれん草や、マスチゲンも飲んで生理に向けて準備します。

生理がちゃんときてもらわないと、子宮内膜症のほうも大きくなってしまったりするので、ちゃんと生理の出血があるようになってほしいし、貧血予防もしておかないといけません。ふくらはぎは第2の心臓と言われるくらい大事なようですので、スクワットをしたりします。

低血圧なので激しい運動はできない時期もあり、基本しないほうがいいようなのですが、できるだけ眠るときはぐっすり眠り、動けるときは動くようにしたほうがPMSの症状もましになったように思います。それは運動だけをしたからではなく、ほどよい運動だったからだと思います。

仕事のときは、周りが「女性も4食食べないともたない」と言ってたほど体力がいる仕事でしたし、そのときは身体も調子が悪かったです。今はほどよい運動を心掛けて休みながら制限しながらもこれくらいかな・・・とうまく付き合えるようにはなってきていると思います。

子宮内膜症のほうは漢方治療をし、1年で3.8cmあったのが3cmに小さくなりましたが今も生理はくると辛いです。それでも順調にいくようにPMSと子宮内膜症を少しでも改善できるよう、心掛けていきたいと思っています。


随時更新! みんなのPMS体験談

このほかのPMS体験談を公開中!こちらこちらからご覧になれます。