松尾 知代
30代
専業主婦



生理2週間前位になってくると体がむくんできます。それまですっきりしていたおなか周りや太ももが太くなったように見えます。鏡などで全身を写すと体全体がポチャッとしているのがわかります。体が水分を溜め込んでいるのを感じるようになります。トイレに行く頻度も減るように思います。

また、おなかが張ったような感じになり、便秘になります。下腹がぽっこりと出てきます。イライラしてくることも増え、感情のコントロールが難しくなり、頭がぼやっとして、何をするにも注意力散漫になってしまいます。運動や食事制限をしても体重が減ってこないことなどから生理前なのかな。と意識するようになりました。

また常に眠たいことも多いです。いつもはいているズボンがおなか周りや太ももがパンパンになったり、イライラして物事が進めにくくなったり、家族に八つ当たりをしてしまうようなときが一番つらいです。また、生理痛では肩こりや腰痛などあちこち痛く辛くなるので動くのがおっくうになります。

PMSが始まったときには肩こりや腰痛を軽くしようと、お風呂にゆっくりつかり、ぐっすり眠るようにしています。カモミールティーや命の母などの薬を飲むこともあります。便秘のときは、オリゴ糖を飲んだり、バナナやヨーグルトなどお通じに良いものを選んで食べたりするようにしています。下剤を使うこともあります。生理が始まると便秘は解消されることが多いです。

イライラして家族に当たってしまいそうなときは、できるだけ人との会話も減らして自分一人の時間をゆっくり取ります。掃除などをして気を紛らわせることもします。部屋の大掃除などはPMS中にすることも多いです。

発言をするときには一呼吸置き、イライラしていることを自覚しつつ、感情的にものを言ってしまっていないか注意しながら話します。仕事をしているときなどは、何度もチェックしてミスがないか確認するように心がけています。

生理前のPMSが始まると家族もわかるらしく、触らぬ神にたたりなしで、こちらが動きやすいように動いてくれたりするので喧嘩にならずに済み、助かっています。命の母は飲むことにより少し体のだるさが軽くなるように感じました。カモミールティーは香りで気分が良くなるので、リラックスタイムに飲んでいました。PMSや生理の間はガードルをはいて体をぴっちり締めます。締め付けは良くありませんが、支えがあったほうが痛みなどは緩和されている気がします


随時更新! みんなのPMS体験談

このほかのPMS体験談を公開中!こちらこちらからご覧になれます。