小峰 胡桃
10代
学生



私の場合は何となく腰が痛い気がするのが数日続いたあと嫌悪感と頭痛がして何をするのも億劫になります。だいたい4、5日まえから症状が出てきて、結構長いので生理ではないのかなと疑ってしまい、慣れるまで不体調なことが情けなく、勉強など手付かずになってしまうことが不甲斐なく感じてしまっていました。

どうすればよいのかわからなくてインターネットを使って調べてみると、女性の性格・人格が1ヶ月で4度変わるという記事を見つけました。読んでみるとホルモン分泌の影響で簡単にいうと「幸せ期」「落ち着き期」「不安期」「イライラ期」の4つの時期が1ヶ月でやってくるのです。自分の体調が不安定でなんで自分がこんなにもできないのかとがっかりした理由はホルモン分泌が関係していたのです。

自分のせいではなく身体の仕組み上しょうがないことだと理解できてから、自分を責めるのではなく向き合うことで気持ちがとても楽になりました。幸せホルモンと呼ばれるセロトニンやドーパミンが増える方法を調べて実践してみました。テレビなどでよく聞く実践方法、例えば太陽の光を浴びる・生活リズムを整える・運動をする・栄養のよい食事をとるなどいろいろありますが、私は何となくやるのではな自分のためにと意識して太陽の光を浴びるために散歩やヨガをすることにしました。

30分から1時間ほどの散歩をすることで、意外と自分の家の周りの環境を知らなかったり、新しい建物が増えていたり、緑が豊かなところを発見したり思ったより続けられています。毎日やるのは難しいので、週に1日行っているのですが割とあきなくてよいです。

血流がよくなって頭痛や嫌悪感はあまり気にならなくなり、最初の方は筋肉痛で腰の痛みは感じませんでした。習慣になってしまえば、やらなきゃという嫌な気持ちにはならず、気持ちよく続けられます。歩いてる時は音楽を聴くのもよいですが、1週間を振り返ったり、頭の整理をしたりすることで自分と向き合う時間もとれます。

これはヨガでも同じことなのですが、意識してやると前向きに来週も頑張ろうという気持ちになれます。結果やってみてよかったと感じています。雨の日は逆にすごく億劫で、大気圧や気温の変化にも影響されやすいのかなと思い、その対策を考えるが今の課題です。私はあまり甘いものが得意ではなく、甘いものを買う作戦はうまくいきませんでした。自分のできそうなものでチャレンジすることが大切なのかなと感じています。


随時更新! みんなのPMS体験談

このほかのPMS体験談を公開中!こちらこちらからご覧になれます。