清水 佑奈
30代
主婦



症状を感じ始めるのは、月経1週間程前からです。まず精神面では、ささいなことでイライラを感じるようになります。我が家には小さな子供がいますので、子供たちがなかなか言うことを聞かなかったり、ケンカをしてうるさくしていると、いつもは放っておく場面でも、つい怒ってしまったりします。

体の面では、胸が張って、少し走ったりするだけでも痛みを感じます。その他、足のむくみや腰痛にも悩まされ、月経直前には、便秘にもなります。全体的に体が重だるくなり、体の中が滞っているような感じになります。そんな症状が出ている時、特に辛いのは朝起きる時。睡眠時間をたっぷり取っても、全然疲れが抜けておらず、やっとの思いでベッドから起き上がります。

症状が出ている1週間は、ずっとこの感じが続き、まるでおばあちゃんになってしまったような感覚です。それでも、日中は仕事と家事をこなさなければなりませんし、子供たちの外遊びにもついていかなければいけません。

そんな時の私の対処法がいくつかありますが、まず大切だと思うのが、「今が月経前だ」と言うことを認識することです。私は、これを認識することで、イライラも体の変化も、多少のことは「しょうがない」と思えるようになりました。特に、イライラには効果的。イライラしている理由がわかるだけでも、多少落ち着くことができるのです。

足のむくみや腰痛対策には、ストレッチを実施しています。本当は、お風呂上りがいいと思うのですが、小さい子供がいると、お風呂前後はドタバタしていて、ストレッチどころではありません。なので私は、朝起きてから、家族が起きてくる前に行うことが多いです。たった5分程度の簡単なものでも、体も気持ちもすっきりします。

また、最近ではEテレで朝やっているラジオ体操を録画し、家族のいない時にやっています。これも5分ですっきりです。私の年代の方だと、ラジオ体操第1が体に染みついていると思うので、だるくても勝手に体が動いてくれるのも良いところではないでしょうか。

それでも、今回は特に辛い!という月もあります。そんな時には無理せず、「命の母ホワイト」を飲みます。月経による諸症状を抑えてくれるお薬です。CMでもたまに見かけると思います。私の場合、これを飲んで睡眠をたっぷり取ると、体の重だるさが少し改善されます。

どんな症状があっても、仕事も家事も待ってはくれないので、それを軽減してくれるお薬があることはありがたいことです。まだまだこの症状とのお付き合いは続くので、自分の体と相談しながら、生活しやすいように対処法を見つけて行きたいと思います。


随時更新! みんなのPMS体験談

このほかのPMS体験談を公開中!こちらこちらからご覧になれます。